カウンセラー人生、いつかは報われるさ!


by 83gzmiguvf
 銀、銅メダルを獲得した長島圭一郎、加藤条治の両選手が所属する日本電産サンキョー(長野県下諏訪町)では、16日午前8時半から社員ら約100人が会議室に集まり、メダル獲得の瞬間には「やった」と大歓声が上がった。

 加藤選手がスタートラインに立つと「条治行け、条治」と叫ぶ声。コーナーで先行すると「いいぞ」と声援を送った。平成14年まで同社のスケート部で競技をしていた社員の加藤将司さん(37)は「真剣勝負に選手より緊張したかもしれない」と興奮した様子だった。

【関連記事】
声震わせ「前回の倍返しだ!」 日本電産サンキョー社長
スケート日本「復活」…長島、右腕突き上げ歓喜
遅咲きの長島、大逆転の「銀」 トリノ後に才能開花
長島が銀、加藤が銅! スピード男子500m
「よし、いいぞ」加藤、長島の所属企業で声援

「守り」の党首討論に決意=鳩山首相(時事通信)
光琳「紅白梅図屏風」 金箔、再調査で検出(産経新聞)
<特別背任容疑>パチンコ大当たり台を教え損害 元店員逮捕(毎日新聞)
ネットワークを使った診療情報の活用法で3月にフォーラム(医療介護CBニュース)
<JR北海道>新幹線に貨物車丸ごと搭載…研究車両公開(毎日新聞)
[PR]
# by 83gzmiguvf | 2010-02-22 22:04
 民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=側が北海道教職員組合(北教組)側から違法な選挙費用を受け取っていたとされる事件で、小林氏陣営の会計担当者が札幌地検の調べに対し、「資金は北教組委員長と副委員長から受け取った」と供述していることが17日、関係者への取材で分かった。「表に出せない金と分かっていた」と違法性の認識も示唆しているという。

 関係者によると、小林陣営の会計担当者は札幌地検の調べに「選挙費用が不足したため、当時、選対委員長を務めていた北教組委員長に資金提供を依頼した」と説明。「平成20年12月に北教組事務所で委員長から400万円を受け取った」と供述したという。

 さらに、翌21年に入り、委員長から同額を2回に渡って受領。委員長は同年6月に死亡し、後任の選対委員長に就いた長田秀樹副委員長(現委員長代理)からも同額を1回受け取ったといい、総額で1600万円に上ったという。

 また、提供資金について「表に出せない金と分かっていたので帳簿にわざと記載しなかった」とも供述。違法性を認識していたことも示唆しているという。

 一方、札幌地検は小林氏本人が北教組側からの資金提供を認識していたかについても調べているが、担当者は「小林氏は知らないと思う」と否定。小林氏も16日、国会で報道陣に「報道されている内容は全く存じ上げない」と否定した。

出産育児一時金で「経営難」 分娩費用値上げに動く(J-CASTニュース)
<明石歩道橋事故>今後の取り調べ、全面的可視化へ(毎日新聞)
「リアル鳩カフェ」初開催=お茶飲みながら国民と懇談−鳩山首相(時事通信)
寺島しのぶさんに銀熊賞=田中絹代さん以来35年ぶり−ベルリン映画祭(時事通信)
「パチンコ必勝法教える」と詐欺容疑=全国で被害5000万円か−茨城県警(時事通信)
[PR]
# by 83gzmiguvf | 2010-02-21 19:00
 厚生労働省厚生科学審議会の部会は19日、新型インフルエンザに対応する新たな臨時予防接種の枠組みを求める提言をまとめた。同省は提言を受けて予防接種法改正法案を作成し、今国会に提出する見通し。
 現在の予防接種法の臨時接種は天然痘や強毒性鳥インフルエンザなど毒性の強い病気を念頭に置いており、今回のような弱毒性の新型インフルエンザに対応できる枠組みがなかった。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
休校や学級閉鎖、3週連続減少=ほとんどが新型インフル
開封後1週間のワクチン接種=新型インフル、子供8人に
インフル脳症、285人届け出=例年の5〜8倍

ジャンボ機墜落施設を視察=稲盛会長ら新経営陣−日本航空(時事通信)
投資会社社長に有罪=ペイントハウス事件−東京地裁(時事通信)
2010年度診療報酬改定のポイント(1)(医療介護CBニュース)
西武新宿線で運転見合わせ 作業用列車とトラック接触(産経新聞)
共同採用へ協定締結=小学校教員−秋田県・東京都両教委(時事通信)
[PR]
# by 83gzmiguvf | 2010-02-20 08:46
 出産育児一時金を医療機関に直接振り込む新制度が09年10月に導入された影響で、産科診療所の約2割が経営破綻(はたん)を懸念していることが、日本産婦人科医会の調査で分かった。手続き上、入金が従来より最長2カ月遅れることで、資金繰りが悪化したのが主な原因。厚生労働省は準備が間に合わない医療機関に3月末まで半年間の導入猶予を認めている。

 健康保険から支払われる出産育児一時金は09年10月の緊急少子化対策で38万円から42万円に増額されたことに合わせ、母親ではなく医療機関への直接払いに変わった。母親側は退院時に多額の現金を用意する必要がなくなり、医療機関側にも費用の未収がなくなるメリットがある。しかし請求は月1回で振り込みが翌月のため、医療機関への入金は出産の1〜2カ月後になる。

 医会が12月、分娩(ぶんべん)を扱う約2800の全医療機関に実施したアンケート(回収率63%)では、新制度に移行済みの施設は、病院が95%、診療所が80%。18%の施設で未収が減るなど一定の成果があった一方で、69%が経営へのマイナス影響を指摘した。特に診療所は、21%が「新たに借金しないと経営困難に陥る可能性がある」と回答し、約半数が制度の改善や廃止を求めていた。

 資金繰り悪化に対応するため、厚労省所管の独立行政法人「福祉医療機構」は3000万円まで無担保の低金利融資を始めたが、診療所では相談があった244施設中、半数以下の111施設しか融資が決まっていない。医療機関からは「院長が高齢だったり、債務がある施設は、貸し渋りに遭っている」との不満も出ている。

 一方、開業医で作る「産科中小施設研究会」の医師ら約40人は、新制度が医療機関への財産権侵害などに当たるとして、厚労省を相手取った訴訟を準備中。東京都江戸川区の診療所院長は「制度移行を強制すれば、廃業に追い込まれる医療機関が続出する」と訴える。厚労省も「医療機関が減る事態は避けたい」としており、猶予の延長や、請求を月2回にするなどの対応を検討している。【清水健二】

【関連ニュース】
<特集>子育て生中継・びふぉーあふたー
<特集>子育て広場 ママも1年生
少子化対策:認可保育所の定員年5万人増へ 来年度から
超少子化を乗り切る/1 70年以内に日本の人口半減か
東京都予算案:少子化対策に347億円

「三百代言」のそしり、免れないのはどちら(読売新聞)
<石川衆院議員>離党届を提出、小沢幹事長が受理 民主党(毎日新聞)
首相動静(2月13日)(時事通信)
11年度に環境税導入 「温暖化基本法」素案を提示(産経新聞)
石川議員離党で首相「熟慮を重ねての判断」(読売新聞)
[PR]
# by 83gzmiguvf | 2010-02-19 09:25
 石田健夫さん81歳(いしだ・たけお=文芸評論家)10日、食道がんのため死去。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻知子(ともこ)さん。

 元東京新聞文化部長。著書に「戦後文壇畸人列伝」「敗戦国民の精神史」など。

普天間、県外移設は困難=国民新・下地氏(時事通信)
五輪モーグル 娘に、妻に称賛惜しみなく 上村4位(毎日新聞)
就職氷河期も学生の額に汗 池袋・サンシャインで企業説明会(産経新聞)
桜の開花日 予想ばらばら 民間3機関(毎日新聞)
小沢氏と進退協議か 首相「何らかの責任」(産経新聞)
[PR]
# by 83gzmiguvf | 2010-02-18 08:27